2007年01月25日

20日目 − プログラムにないこともたくさん学ぼう −

《今日やったこと》
・外部ゲストによる模擬インタビュー
・コールドコーリングのためのスクリプト作り


 今日は外部から第三者を招いてインタビューの練習をしました。

 各自20分くらい本番さながらのインタビューをやって30程度インタビューを振り返ってのアドバイスをもらうという内容です。

 結果的には思っていたほど悪くはなかったです。

 もっとスペシフィックなイグザンプルを答えに入れるようにして、Say&Showの構成で話しなさいということでした。

 Say&Showというのは、私はこういう人間だと最初に言ったなら、その具体例を示せということです。

 日本の面接と何ら変わりません。

 しかし、我々のクラスの講師は反対のことを以前言っていて、私たちはどっちが正しいんだと不安な気持ちになりました。

 
 学校のプログラムも今週と来週で終了するのに、私たちはまだ実際の企業に電話をするところにも至っていない。

 こんなことで再来週から働き始めることができるのかと誰もが不安な状態になりました。

 私たちの担当講師はまだ学校のプログラムのことがよくわかっていないところがあるのでさらに私たちは不安になるわけです。

 クラスメイトと一緒になって不安だ不安だと言っていてもしょうがないし、担当講師もプログラムの詳細は知らないのであてにならないということで、先にインターンシップを始めてる隣のクラスの人に話を聞いてみた。

 で、有力情報をたくさん仕入れた。

 この学校ではプログラム内容はもちろん、生きていくために大切なことがたくさん学べるんじゃないかと気付き始めました。


# “ただ学費を払って学校に通う”という感覚から“個人で学校を一つ雇って自分のために学校を働かせて学費という名の給料を払う”という感覚に変えよう。
posted by da-i at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:47
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。