2007年02月09日

28日目・29日目・そして30日目 − 不可能なことは何もない −

《今日やったこと》
・仕事獲得


 30日目にしてやっと仕事が決まりました。

 希望通りVancouverのDowntown内でAccounting Department配属です。


 28日目の午後はひたすらいろんな会社に電話をした。

 担当講師が自分のもっている知り合いの名刺をドサッともってきて片っ端から電話をかけ始めた。

 そしてやっと1件アポが取れた。

 29日目は面接に行った。

 その日の午後に返事をくれると言われて待っていたけど返事がなくて、半分あきらめて家に帰った。

 30日目の朝にこっちから電話をしたが社長は外出中で連絡がとれなかった。

 “やっぱりAccountingの仕事につくのは難しいんじゃないか、他の業種に変えたほうがいいかもしれない”というようなことを講師に言われ、“他の業種は簡単にインターンシップ先が見つかるのにAccountingが見つからないのは理解ができない。企業が自社の会計をわけのわからない人間に見せたくないという理由もわかるけど、私は納得ができない”と私が言い、“わかったわ。とにかくKeep Goingね”と言って講師が自分の部屋に帰っていった。

 口では偉そうなことを言っていたが私はほとんどあきらめていた。

 学校が知り合いの会社に電話をしても断られて、講師が友達に電話をしても断られているのに、私が全く面識のない会社に突然電話をかけてアポなど取れるはずがないという考えで頭の中がいっぱいになり何もする気にならなかった。

 カナダに来てこれほどまで自分の無力さを感じたことはなかった。


 しばらくすると講師に呼ばれて“ちょっとこっちに来てそこのイスに座りなさい”と言われた。

 もう何を言われてもそれに従おうと思った。

 志望職種を変えなさいと言われたら変えようと思った。

 どこどこの会社なら雇ってもらえるからそこに行きなさい、と言われたらそこに行こうと思った。

 今日はもう帰って明日また学校に来なさい、と言われたらそうしようと思った。

 そして講師がこう言った。

 さっき昨日あなたが面接に行った会社からメールが来たんだけど。。。
 
 “You've got it”

 それを聞きつけて学校のスタッフが全員その場にかけつけ私は一人一人握手をしてまわった。

 
 こうして30日間の仕事獲得プロジェクトは幕を閉じた。

 
 仕事は来週の月曜からなのでまた明日も学校に行くことになった。

 31日目は何をするのだろうか。

 
# 次回はこのブログの最終回なので、すべてを振り返っての総論を書きます。

 
posted by da-i at 13:39| Comment(38) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

26日目&27日目 − 終わりだと思ったところから始まる −

《今日やったこと》

・会社に電話
・レジュメの配布


 さて、学校一応終わりました。

 まだインターンシップ先は決まってません。

 学校からの紹介企業が“今はちょっと時期が。。。”となり、すぐ見つけるからちょっと待てと言われ、来週も学校に行くことになりました。

 留年決定です。

 学校側ももちろん総力をあげて探しているからお前も待ってるだけじゃなくて動け、というようなことを言われ、電話でのアポ取りを続けています。

 こうなったら学校よりも早く自分で会社を見つけてやろうと気合が入ります。

 
# そういえば大学入学の際も私は1年浪人をしてみんなからはぐれ、新卒入社の際も4月入社を辞退しみんなからはぐれ中途入社で働き始めた。
  はぐれ狼の星の下に生まれた私はこれからもはぐれて生きていきます。

 
posted by da-i at 04:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

25日目 − 助けた人の数と助けてくれる人の数は同じ − 

《今日やったこと》
・レジュメの再構成
・カバーレター


今日は何をやったのかと言うと、ほとんど何もしていない。。。

昨日学校から紹介してもらった会社に面接をしに行った一人のクラスメイトは早速今日から働き始めたらしい。

もう一人の子は明日学校から紹介してもらったところに面接に行くのでそのための練習をしていたりしていた。

私の場合、学校からの紹介の会社にコンタクトをとっているがまだ返事がない、とかで今日は軽く数社に電話をかけたり、レジュメを直したり、カバーレターを作ったりしているうちに一日が終わった。


実は昨夜、私がフォーシーズンズホテルで働いていたときのマネージャーから電話があったらしく、朝起きたら着信が残っていた。

既に彼には今私が仕事を探しているということが伝えてあるので、これはもしかしたら何か見つけてくれたんじゃないかと期待しながら電話をこっちからかけるもつながらない。

昼過ぎにまた向こうから電話がかかってきていたが私が気付かず、こっちからかけなおすもまた向こうが応答せず。

日が暮れた頃にまた彼から電話がかかってきて、今度はしっかり電話にでた。

用件はというと、暇だったからかけただけ、らしい。

今の時期フォーシーズンウィスラーは忙しくて、人が足りないと。

“誰か皿洗いの仕事をしてくれる人いないかなあ”みたいなことを言われて“わかった日本人でウィスラーでスノボをしながら皿洗いをしたいというような人は多分たくさんいるだろうから見つけて連絡するよ”と私が答えて、“ウィスラー戻ってくる気はないのか?”と言われ、“全くない。でも仕事しだい。オフィスワークの求人はないの?”と聞くと、“明後日デイオフだから聞いといてあげる”と言われて、“明後日じゃ遅いんだけどなあ”とは思っても口には出さず、“ありがとう”と言って電話を切った。

要は、彼は皿洗いスタッフが欲しい、私はオフィスワークが欲しい、というミスマッチングが起きているわけです。

まあ私が皿洗いをしたい人を見つけて、彼がオフィスワーク求人を見つければすべてはうまくいくのですが。


。。。というか今日はほんとに何もしてないなと改めて思った。


# ウィスラーのホテル住み込みで皿洗いをしながらウィンタースポーツを楽しみたい方連絡待ってます。



posted by da-i at 16:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

24日目 − 英語を使った仕事をするというのは、英語で営業ができるということだ − 

《今日やったこと》
・電話
・話し合い
・ビジネスミーティング


 今日はまず朝から何本か会社に電話をかけるところから始まりました。

 だんだんやっているうちにわかったことは

 大企業に電話をした場合、ホームページに行くとキャリアのページがあるからそこのメール先にレジュメを送ってね、と言われ、個人でやっているような小さな会社の場合、インターンシップはとらない、と単刀直入に断られる、という2つのパターンにはまってしまうことです。

 今日もらったアドバイスは、Yes/Noの質問を最初はしないこと、まず担当者と受付の人の名前を聞いて会話をやわらかくもっていくこと、などです。

 やっていることは完全にテレアポの訓練です。


 昼食前にDannyと話をしていくつか会社を紹介してもらった。

 学校からの紹介の場合、連絡をとって、向こうからじゃあ来てくださいとなるともう断れないわけです。

 学校と会社のコネクションを壊してしまうことになるからです。

 もう一つ担当講師に知り合いを紹介してもらった会社も選択肢にあって、それは本当に魅力的な会社だけど、あまりにその知り合いが忙しすぎて連絡がすぐには来ないことと、即戦力を求めているのでそこを何とかクリアしなければいけないよということなどもあって難航しています。

 3〜4つも選択肢をもってしまうと新規の電話をする気が起きなくなってしまうのでまずいです。

 このプログラムの一番の醍醐味はこの電話でのアポ取りだと言われた。

 確かにそう思う。

 セールスマン養成講座もこのプログラムは兼ねているので、わけのわからないビジネス学校なんかにいくよりもずっといいプログラムだと感心した。

 
 放課後は、マリオットホテルで行われたバンクーバーボードトレードという製品紹介交流会のようなものに参加した。

 学校から名刺も用意してもらって、交流会で積極的に話しかけて名刺交換をしてこいというわけです。

 で、生徒は生徒でフラフラしていて、講師は講師で忙しいわけです。

 彼らは別行動でインターンシップをとるのに積極的な会社はないかを一生懸命探しているわけです。

 
 この学校で学んだことは営業です、と言っても過言ではないと思った。

 ESLからセールストレーニングまでプログラムに入っているこの学校は何ておもしろいんだろうと思った。

 
# 今日面接に行ったクラスメイトが早速内定をもらってきた。
  “英語無茶苦茶でも何とかなるもんだね”と彼は言っていた。
  私は将来彼を営業マンで雇いたいと思った。

 
posted by da-i at 15:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日目 − 英語を使った仕事をするというのは、英語で営業ができるということだ − 

《今日やったこと》
・電話
・話し合い
・ビジネスミーティング


 今日はまず朝から何本か会社に電話をかけるところから始まりました。

 だんだんやっているうちにわかったことは

 大企業に電話をした場合、ホームページに行くとキャリアのページがあるからそこのメール先にレジュメを送ってね、と言われ、個人でやっているような小さな会社の場合、インターンシップはとらない、と単刀直入に断られる、という2つのパターンにはまってしまうことです。

 今日もらったアドバイスは、Yes/Noの質問を最初はしないこと、まず担当者と受付の人の名前を聞いて会話をやわらかくもっていくこと、などです。

 やっていることは完全にテレアポの訓練です。


 昼食前にDannyと話をしていくつか会社を紹介してもらった。

 学校からの紹介の場合、連絡をとって、向こうからじゃあ来てくださいとなるともう断れないわけです。

 学校と会社のコネクションを壊してしまうことになるからです。

 もう一つ担当講師に知り合いを紹介してもらった会社も選択肢にあって、それは本当に魅力的な会社だけど、あまりにその知り合いが忙しすぎて連絡がすぐには来ないことと、即戦力を求めているのでそこを何とかクリアしなければいけないよということなどもあって難航しています。

 3〜4つも選択肢をもってしまうと新規の電話をする気が起きなくなってしまうのでまずいです。

 このプログラムの一番の醍醐味はこの電話でのアポ取りだと言われた。

 確かにそう思う。

 セールスマン養成講座もこのプログラムは兼ねているので、わけのわからないビジネス学校なんかにいくよりもずっといいプログラムだと感心した。

 
 放課後は、マリオットホテルで行われたバンクーバーボードトレードという製品紹介交流会のようなものに参加した。

 学校から名刺も用意してもらって、交流会で積極的に話しかけて名刺交換をしてこいというわけです。

 で、生徒は生徒でフラフラしていて、講師は講師で忙しいわけです。

 彼らは別行動でインターンシップをとるのに積極的な会社はないかを一生懸命探しているわけです。

 
 この学校で学んだことは営業です、と言っても過言ではないと思った。

 ESLからセールストレーニングまでプログラムに入っているこの学校は何ておもしろいんだろうと思った。

 
# 今日面接に行ったクラスメイトが早速内定をもらってきた。
  “英語無茶苦茶でも何とかなるもんだね”と彼は言っていた。
  私は将来彼を営業マンで雇いたいと思った。

 
posted by da-i at 15:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

23日目 − 断られるところから始まる −

《今日やったこと》
・プレゼンテーション
・コールドコーリング本番開始


 今週が最終週です。

 そして月曜の朝から私たちはプレゼンテーションを行いました。

 テーマは“My Future”。

 インターンシップを海外でしたいという学生なだけに、みんなキャリア形成がテーマになっていました。

 WorkとLifeのバランスをどうとるか、ということですが、何かそういう議論もそろそろ飽きてきて、他の視点から見る必要があるんじゃないかと思いましたが、まだ考えがまとまってません。


 そしてついに始まりましたコールドコーリング本番。

 おそるおそる私たちは会社に電話をかけ始めました。

 “インターンシップしたいんですけど。”と電話をして、“ごめん、今は無理。”と答えられる、というのを繰り返しながら、私たちはなぜかハイな気分になっていきました。

 “やばい、これ楽しい。”と興奮気味に電話をかけまくっていた一人の生徒は、早速明日の面接のアポをとっていた。

 無謀にもバンクーバートップ20Accounting Firmというリストで下から順番に電話をかけていった私は受付でことごとく撃沈された。

 同時に学校から会社を紹介してもらえたりもした。

 私が日本で営業マンをやって学んだことは、新規開拓の飛び込み営業も大事だけど、どれだけ紹介をしてもらって労力をかけずに契約数を伸ばすかがもっと大事で何よりも楽、ということだった。

 めんどくさいんで学校の紹介のところに行こうかなと心が揺れています。

 まあそれも会社しだいだけど。


# 営業の弱い会社で発展した会社はない。ビジネスを机に向かって学ぶ暇があったら電話をかけよう。ビジネスとは常に新規開拓飛び込み営業から始まる。

 
posted by da-i at 16:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

22日目 − 未来はペン先から生まれる −

《今日やったこと》
・電話の練習
・ゲストスピーカー


 今日はStarbucksのマネージャーをゲストスピーカーに迎えて話を聞く機会がありました。

 彼女はStarbucksに8年勤めていてアルバイトでBaristaからスタートしてマネージャーにまで上がって4年になる人です。

 話の内容はもちろんのこと話し方や振る舞い方なんかも接客業を極めた人のオーラが出ていた。


 面接に来て“じゃあこのフォームに記入してください”と用紙を渡したときにまず落とす人が決まる、という話が興味深かった。

 普段からペンを持ち歩いていなくて、紙を渡したときに“ペンを持っていないので貸してください”となると面接以前の問題で不合格だそうです。

 当たり前のことですが、握手一つとってもチェックが厳しく入ります。


 授業終了後はクラスの生徒全員が彼女を好きになった。

 これはすごいことだと思った。

 
# 彼女の話はどうだった?とDirectorのDannyに廊下で聞かれて、“彼女が営業職に就いたら絶対トップセールスを上げるに違いない”と答えると、“優れたマネージャーは優れたセールスマンだ”と言われて納得した。
posted by da-i at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

21日目 − 人は一人では生きていけないし、誰かに頼って生きていくこともできない −

《今日やったこと》
・コールドコーリングの練習
・ネットワーキングの練習


 来週私たちは“Vancouver Board Of Trade”という交流会のようなものに参加するのでそのための練習をしました。

 要は、人脈を広げるためには、ということです。

 個人的には、人脈という言葉も交流会という言葉も私は嫌いで、人脈とはそういうことではなくて、交流とはそういうことではないと思っているとかそういう話は置いておいて、初対面で相手に良い印象を与えるとか、話の運び方の上手い下手とか、そういうのは興味があります。

 知り合いが多ければ多いほどいい、というのは反対ではありません。

 “What you know is who you know”みたいな格言もうまいこと言うなと思います。

 20代は友達をたくさん作れ、30代は仕事を全力でやれ、40代はよく考えろ、という言葉を思い出しました。

 一人で生きていくよりも助け合って生きていったほうが楽でしょ、ということです。

 個人で生きていくか集団に属して生きていくか、と極論で考えるのではなくて、一人でも生きていけるようにうまく他人とコミュニケートする、というような一見矛盾したような感覚が必要なのではないかと思いました。

 最近うれしいことに学ぶことが多いです。


# 隣のクラスのTaka君のインターンシップが今日決まった。彼はプログラム終了後も一人納得がいくインターンシップ先が見つかるまで毎日企業に電話をかけ続けていた。クラスメイトはとっくにみんなインターンシップを始めているのに彼は一人学校に毎日来て電話をかけ続けた。レジュメを送り続け面接を繰り返していた。プログラムが終了してすでに2週間がたっていた。
 孤独な戦いを私はずっと見ていて、ここでもいろんなことを学んだ。

# ネットワーキングに関して偶然にもおもしろい記事を見つけた。http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000026012007

 

 

 

 
posted by da-i at 13:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

20日目 − プログラムにないこともたくさん学ぼう −

《今日やったこと》
・外部ゲストによる模擬インタビュー
・コールドコーリングのためのスクリプト作り


 今日は外部から第三者を招いてインタビューの練習をしました。

 各自20分くらい本番さながらのインタビューをやって30程度インタビューを振り返ってのアドバイスをもらうという内容です。

 結果的には思っていたほど悪くはなかったです。

 もっとスペシフィックなイグザンプルを答えに入れるようにして、Say&Showの構成で話しなさいということでした。

 Say&Showというのは、私はこういう人間だと最初に言ったなら、その具体例を示せということです。

 日本の面接と何ら変わりません。

 しかし、我々のクラスの講師は反対のことを以前言っていて、私たちはどっちが正しいんだと不安な気持ちになりました。

 
 学校のプログラムも今週と来週で終了するのに、私たちはまだ実際の企業に電話をするところにも至っていない。

 こんなことで再来週から働き始めることができるのかと誰もが不安な状態になりました。

 私たちの担当講師はまだ学校のプログラムのことがよくわかっていないところがあるのでさらに私たちは不安になるわけです。

 クラスメイトと一緒になって不安だ不安だと言っていてもしょうがないし、担当講師もプログラムの詳細は知らないのであてにならないということで、先にインターンシップを始めてる隣のクラスの人に話を聞いてみた。

 で、有力情報をたくさん仕入れた。

 この学校ではプログラム内容はもちろん、生きていくために大切なことがたくさん学べるんじゃないかと気付き始めました。


# “ただ学費を払って学校に通う”という感覚から“個人で学校を一つ雇って自分のために学校を働かせて学費という名の給料を払う”という感覚に変えよう。
posted by da-i at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

19日目 − 新卒時に読んだ“面接の達人”を思い出そう −


《今日やったこと》
・レジュメ完成
・プロナンの授業
・コールドコーリングリスト作成
・インタビューの練習


 今日は午前中すべてをつかって発音強化の授業をしました。

 口の形がどうだとか、顎を下げる下げないとか、舌の位置がどうだとか、シュワだとか、私にとってはどこかでやったことのある内容が満載でしたが、頑張って参加しました。

 ついにレジュメが完成しました。

 やっと一つ大きな課題が終わったかという感じです。

 これによって私たちがあとやらなければいけないことは、電話と面接に絞られました。

 明日は外部からインタビュアーを招いて、模擬インタビューが各自1時間あります。

 面接にあたっての準備というのは、正解のない回答を考えなければいけないため非常に労力が必要です。

 あまり考えすぎないようにするのも大事なのかなと思います。


# 私の短所は、時に考えすぎてしまうこと、に決定。
posted by da-i at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。